2012年02月13日

アントニ・ガウディ作 楽しさあふれる グエル公園

グエル公園DSCF0329.JPG


グエル公園DSCF0335.JPG


グエル公園DSCF0333.JPG


天才建築家 アントニ・ガウディ の作品のひとつ グエル公園。ガウディの後援者 グエル伯爵の名からきています。独得の楽しさあふれるデザインですが、植栽に水が行き渡るよう実用的にも設計されているそうです。
posted by 旅旅 at 23:43| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建造物の美しい街 バルセロナ カタルーニャ音楽堂

カタルーニャ音楽堂DSCF0325.JPG


カタルーニャ音楽堂DSCF0324.JPG


カタルーニャ音楽堂DSCF0322.JPG


バルセロナの街は、美しい建造物であふれています。ガウディの住宅建築をはじめ、同時代の建築家ドメネク・イ・モンタネールのカタルーニャ音楽堂もすばらしいです。
ラベル:スペイン旅行
posted by 旅旅 at 23:27| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未完の世界遺産 サクラダ・ファミリア

サクラダ・ファミリアDSCF0306.JPG

外観も見惚れますが、内部も美しいサクラダ・ファミリア


サクラダ・ファミリアDSCF0295.JPG


未完成のまま世界遺産となり、いまだ工事の続くサクラダ・ファミリア。
ラベル:スペイン旅行
posted by 旅旅 at 23:02| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華麗さしのぶ精緻な細工 アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿DSCF0478.JPG


アルハンブラ宮殿ステンドガラス窓DSCF0477.JPG


アルハンブラ宮殿DSCF0471.JPG


アルハンブラ宮殿天井DSCF0474.JPG


アルハンブラ宮殿の内部ですが、大理石をレースを編むように精緻な細工で、壁や天井が装飾されていました。
posted by 旅旅 at 22:30| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幾何学的刈り込み アルハンブラ宮殿庭園園路

アルハンブラ宮殿庭園DSCF0500.JPG


アルハンブラ宮殿庭園DSCF0504.JPG


アルハンブラ宮殿庭園DSCF0499.JPG


アルハンブラ宮殿の夏の離宮への園路ですが、樹木が実に幾何学的に刈り込まれていてアラビア風に感じました。
ラベル:スペイン旅行
posted by 旅旅 at 22:21| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

白壁とオレンジ屋根の美しい街 ミハス

ミハスの街角DSCF0530.JPG


ミハスDSCF0533.JPG


ミハス DSCF0526.JPG


白壁とオレンジ屋根の美しい、地中海を望むスペインの街、ミハス。白壁の厚さはかなりなもので、断熱効果抜群で、冷暖房要らずだそうです。狭い通りぎりぎりに建てることで、通りに日陰をつくり、夏の強い日差しを避けるつくりになっていました。
ラベル:スペイン旅行
posted by 旅旅 at 21:56| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古都 トレド

トレド DSCF0650.JPG


スペインの古都 トレド。ガイドさんによれば、世界遺産1番目に指定の声がかかったのに、指定されなくても古都を守ってみせる との気概から、世界遺産指定をことわったそうです。街は、迷路です。ガイドさんとはぐれたら、その場所を絶対動かないよう言われました。動くと探せなくなるそうです。マドリッドから近いので、トレドの「サント・トメ教会」にあるエル・グレコの最高傑作「オルガス伯爵の埋葬」は見逃せません。題名に似合わず、当時大変貴重で高価だった青色と金を多用して華やかな色彩でした。
ラベル:スペイン旅行
posted by 旅旅 at 21:28| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コルドバ 花の小径

コルドバ 花の小径 DSCF0630.JPG



コルドバ 花の小径 DSCF0627.JPG


スペイン、コルドバ、花の小径。狭い路が迷路のように入り組み、ところどころに小さな広場があり、広場に面してお土産店やバールが並んでいました。
ラベル:スペイン旅行
posted by 旅旅 at 21:16| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マドリッド スペイン広場と王宮

スペイン王宮DSCF0642.JPG


マドリッドにある 白く輝く壮麗な王宮。王宮近くにスペイン広場があります。ローマが有名ですが、こちらが本家ですよね。
posted by 旅旅 at 21:01| スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

アルハンブラ宮殿夜景

アルハンブラ宮殿夜景DSCF0429.JPG


サンニコラス展望台から望むライトアップされたアルハンブラ宮殿とグラナダの夜景。
posted by 旅旅 at 22:16| Comment(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンダルシア洞窟フラメンコ

アンダルシア洞窟フラメンコDSCF0413.JPG



アンダルシア洞窟フラメンコDSCF0414.JPG


スペイン アンダルシア グラナダ アルハンブラ宮殿の建つ丘の向かいの丘も世界遺産ですが、洞窟で、フラメンコを観賞しました。踊り子のドレスが観客のつま先に触れるほどの臨場感で、すばらしかったです。

posted by 旅旅 at 22:09| Comment(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池に映るサクラダ・ファミリア

池に映るサクラダ・ファミリアDSCF0298.JPG

スペイン バルセロナの中心地区に聳える ガウディ の サクラダ・ファミリア。通りを渡り、向かい側の公園の池に映る逆サクラダ・ファミリア(聖家族教会)は、必見です。

posted by 旅旅 at 21:52| Comment(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

みどころいっぱいスペイン旅行 続き

ミハス 201110041316000.jpg
アフリカが見えるかも? 地中海を望む ミハス

パエリア 201110061354000.jpg
バルセロナで いかすみのパエリア マドリッドで パエリア を食べました。どちらもおいしかったです。

王冠 201110061654000.jpg
ダイヤモンドの十字架をはじめ宝石満載の王冠(トレド カテドラル)


絵聖書 201110061651001.jpg
羊皮紙に 絵 で 描かれた聖書(トレド カテドラル) 

a href="https://agenda2011.up.seesaa.net/image/201110051552000.jpg" target="_blank">メスキータ 201110051552000.jpg
モスクだったところにキリスト教教会に部分的に改修しているため、メスキータであり、カテドラルである共存の建築

メスキータ 201110051537000.jpg
エキゾチックなメスキータ(イスラム教寺院)内部

メスキータ 201110051533000.jpg
コルドバ メスキータ


セビリア一望 201110051151000.jpg
セビリア カテドラル ヒラルダの塔からの眺め


スペインと言えば 闘牛 が有名ですが、観覧券は、日向と日陰があり、日陰の方が料金が高いとのことでした。入口が分かれてました。 
10月はじめに旅行しましたが、例年より暑さが残っていて30度超えの気温のときもありましたが、湿度が低いので、汗だくになるようなことはありませんでした。帽子は必需品と思います。
ラベル:スペイン
posted by 旅旅 at 23:08| Comment(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見どころいっぱいのスペイン

カテドラルステンドグラス 201110051126000.jpg
カテドラル ステンドグラス


アルハンブラ宮殿からの眺め 201110040903000.jpg
アルバンブラ宮殿からの眺め


コルドバ 201110051056000.jpg
コルドバ 観光馬車

セビリア カテドラル 201110051041000.jpg
セビリア(セビーリャ)カテドラル


アルハンブラ宮殿 201110040947001.jpg

アルハンブラ 201110040947000.jpg
アルハンブラ宮殿 ヘネラリーフェ庭園

ラ・マンチャ地方 201110031231001.jpg


a href="https://agenda2011.up.seesaa.net/image/201110031231000.jpg" target="_blank">ラ・マンチャの風車 201110031231000.jpg
ラ・マンチャ地方 風車


世界遺産がもっとも多いのはイタリアの44箇所ですが、スペインにも42箇所もあるそうです。
8日間のツアーでしたが、北から南まで、見どころを観光し、10日間ツアーくらいの充実度でした。
見逃せないのは、ガウディのサクラダファミリア(聖家族教会)のあるバルセロナ、マドリッドのプラド美術館、ピカソのゲルニカ(国立王妃芸術センター)、世界遺産指定を辞退した古都トレド、アルハンブル宮殿のあるグラナダ、地中海に望む白壁とオレンジ瓦の美しい街並みのミハス、セビリアのカテドラル、コルドバのメスキータなどです。これかに加え、ドン・キホーテのラ・マンチャ地方やタラゴナも観光し、まさにみどころ満載の旅でした。
ユネスコ選定の世界三大名画は、エル・グレコ「オルガス伯爵の埋葬」(トレド、サント・トメ教会
) ベラスケス「宮廷の女官たち(宮廷の侍女たち)」(マドリッド、プラド美術館)、レンブラント「夜警」(アムステルダム)だそうで、スペインを旅すれば、2つ鑑賞することが出来るわけです。だいぶ昔、オランダを旅した際に、「夜警」を鑑賞しましたので、3つとも鑑賞出来、幸せです。



posted by 旅旅 at 20:52| Comment(0) | スペイン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。