2012年02月14日

晩秋の山陰旅行 鳥取砂丘近くのおすすめレストラン


鳥取砂丘レストランDSCF1225.JPG

鳥取砂丘遊歩道入口手前のレストラン



鳥取砂丘遊歩道方向へあるいてすぐのところに素敵なレストランがありました。お値段もリーズナブルな設定もあり、美味しかったので、また鳥取砂丘に行くことがあったら是非訪ねたいと思っています。
ラベル:山陰旅行
posted by 旅旅 at 21:43| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 日本海を堪能する鳥取砂丘


鳥取砂丘DSCF1216.JPG


鳥取砂丘DSCF1215.JPG


鳥取砂丘DSCF1207.JPG


鳥取砂丘DSCF1205.JPG


山陰を旅していて、ところどころで列車から日本海を眺めることができるのが楽しみでしたが、鳥取砂丘では、日本海を心行くまで眺めることができました。また、砂山がこんなに高いなんて驚きでした。
posted by 旅旅 at 21:35| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 修験者の山、三徳山



三徳山バス停DSCF1195.JPG

三徳山バス停 ラジウム泉で有名な三朝温泉からバスで山に分け入ったところにあります。


十二支干支地蔵DSCF1189.JPG

十二支干支地蔵


三徳山DSCF1190.JPG

三徳山登山道付近のお寺


投入堂への登山はできなかったため、登山道入り口付近を散策しました。
posted by 旅旅 at 21:16| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 白壁土蔵連なる倉吉

白壁土蔵の街 倉吉DSCF1173.JPG


白壁土蔵の街 倉吉DSCF1178.JPG


白壁土蔵の街 倉吉DSCF1169.JPG


白壁土蔵の街 倉吉DSCF1168.JPG


白壁土蔵の街 倉吉DSCF1167.JPG


白壁の土蔵の並ぶ倉吉。土蔵を利用して、お土産展、酒屋、蕎麦屋、カフェなどがあり、レトロな雰囲気を楽しみながら、散策できました。
ラベル:山陰旅行
posted by 旅旅 at 21:02| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 庭園8年連続日本一 足立美術館

足立美術館DSCF1153.JPG


足立美術館DSCF1137.JPG


足立美術館DSCF1136.JPG


足立美術館DSCF1133.JPG


足立美術館隣の「鷺の湯温泉」に泊まりましたので、観光客で込み合う前に朝一番で足立美術館を訪ねました。今回の旅行のメインでしたので、たっぷり時間をとって鑑賞しました。茶室の庭園に入るには、別売りの点茶券が必要です。展示されている横山大観等の絵画もすばらしいですが、日本庭園の美の極みと思いました。季節ごとに訪ねたいところです。
ラベル:山陰旅行
posted by 旅旅 at 20:51| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 紅葉の由志園

紅葉の由志園DSCF1053.JPG


紅葉の由志園DSCF1041.JPG


紅葉の由志園DSCF1036.JPG


境港駅前から由志園、由志園から松江駅前まで 無料送迎バスがでているため、こちらを利用して、由志園に行きました。美しい日本庭園を散策し、食事するところも調っているので、お昼に調度よかったです。 
ラベル:山陰旅行
posted by 旅旅 at 17:16| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 妖怪だらけの 水木しげるロード

水木しげるロードDSCF1021.JPG


水木しげるロードDSCF1018.JPG


JR鬼太郎駅DSCF1015.JPG


境港駅で妖怪列車を下車、水木しげるロードを散策しました。いたるところ妖怪だらけ。お土産店も喫茶店も おまんじゅう屋さん も 郵便局も全部妖怪づくし。水木しげる記念館も観覧して、駅前に戻りましたが、予想以上の楽しさでした。
posted by 旅旅 at 17:03| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 妖怪だらけの境港

妖怪列車天井DSCF1011.JPG


妖怪列車DSCF1007.JPG


妖怪列車DSCF1003.JPG


昨年アップロードした山陰旅行の続きです。

鬼太郎米子空港から 鬼太郎列車で 境港へ。列車は、駅名も妖怪、車両は中も外も天井も座席も妖怪だらけで、見て、乗車して、楽しめました。
posted by 旅旅 at 16:54| 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

晩秋の山陰旅行 石見銀山・三徳山 世界遺産と温泉めぐり


 鬼太郎米子空港から「水木しげるロード」のある堺港、日本庭園「由志園」(ここの入口のお蕎麦屋さんは、美味しかったです)、松江で 宍道湖温泉に泊まり、石見銀山観光して、安来まで戻り、さぎの湯温泉に泊まり、8年連続庭園日本一の「足立美術館」を鑑賞して、安来節演芸館で安来節も観覧し、白壁土蔵の立ち並ぶ倉吉を散策し、三朝温泉に泊まり、翌日 三徳山に出かけました。
 三徳山・投入堂まで登るつもりでしたが、靴に溝が浅い、ダウンコートが長いので引っかかるということで、入山審査が通りませんでした。靴の方は、草鞋(入口で販売)を履けばOKとのことでしたが、11月半ば過ぎで冷気の中、裸足になるのは、耐えられそうになく、諦めました。三徳山・投入堂までの道のりは、修験道の道であり、観光気分で登り、死亡した例もあり、警察の指導も入って、靴や服装等についてチェックが必要となったとのことでした。(雨天登山禁止になっています)
 天候には恵まれましたので、鳥取砂丘では、空は青く、日本海も碧く広がり、白波が打ち寄せ、景観を堪能出来ました。鳥取砂丘遊歩道入口手前の 「RAY GARDEN」は、建物も庭もお料理もグッドでした。 
 3泊4日の旅でしたが、3泊とも温泉に浸かり、美味の連続で、充実の山陰旅行でした。



石見銀山レトロ街DSCF1110.JPG

石見銀山レトロ街


石見銀山レトロ街看板猫201111241321000.jpg

石見銀山レトロ街は、散策にはもってこいです。風情ある街並みに、レストラン等が点在していました。「群言堂 石見銀山本店」でランチにしましたが、中庭を囲ん古民家で、レストランとお土産店などが入っていて、一見の価値ありです。


石見銀山は、山の中で、街頭もありませんので、17時までには、山を下りなければならないように看板が出てました。山裾から坑道まで、徒のみです。昼なお暗いという箇所も通りますが、渓流に沿って遊歩道を歩けば、森林浴で楽しいハイキングといきたいところですが、お寺とお墓も多く、銀山で働いたというか働かされた人々の難儀を思うと観光気分は飛んでしまいました。
posted by 旅旅 at 22:47| Comment(0) | 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 麗しき古都、松江 

松江城天守閣よりDSCF1084.JPG

松江城天守閣より


松江城DSCF1082.JPG

松江城

松江堀川めぐり201111231628002.jpg

掘割めぐり

武家屋敷通りには、小泉八雲記念館などもあり、日中にゆっくり時間を取りたいところです。「堀川めぐり乗船券」を提示すると松江城天守閣見学等観光入場券の割引がありました。自動販売機で買わずに窓口に提示して購入することをお薦めします。


松江堀川めぐり201111231628001.jpg

松江城の内堀、外堀を船で遊覧する 「堀川めぐり」 は、松江観光では、一番のお薦めです。いくつもの橋をくぐるため、船の屋根は、高さが調整できるようになっていて、船頭さんの合図で、頭を低くして、屋根が被さってくるのに備えます。

お堀の周辺は、電柱も電線もなくして風情ある景観の武家屋敷等があり、水面から眺める松江の街を眺め、途中下船で、観光して楽しめました。




ラベル:山陰旅行 松江
posted by 旅旅 at 21:58| Comment(0) | 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の山陰旅行 妖怪だらけの堺港 世界遺産と温泉を旅する

目玉オヤジ抹茶201111230948000.jpg

抹茶も 目玉オヤジの茶碗で 出できました。看板猫のいる店です。


水木しげるロード喫茶店看板猫201111230945000.jpg

水木しげるロードの喫茶店の猫娘ならぬ看板猫(生きてます)


鬼太郎201111230940000.jpg

橋のたもとの鬼太郎。堺港駅前から「水木しげる記念館」まで「水木しげるロード」で、まさに妖怪オンパレードでした。喫茶店、おまんじゅう屋さん、お土産店、全部妖怪モードで、予想以上の楽しさで、時と忘れそうになり、走ってバスに乗りました。


堺港駅前201111230923000.jpg

JR堺港駅前


鬼太郎列車201111230902000.jpg

米子空港駅から堺港駅へ  鬼太郎列車に乗車。列車の車両全体、外側も天井も座席も駅名まですべて妖怪ずくしで、乗車しているだけで楽しかったです。


posted by 旅旅 at 21:32| Comment(0) | 山陰旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。